一匹狼大学生クリの日常

俺はこういう人間だ

群馬 水上温泉周辺 旅行記 / アクセス レストラン亜詩麻 水上館

先日、群馬の水上温泉に行ってきました。

群馬と言えば草津温泉が有名で多くの方はそちらに行きがちですが、水上地域は自然に囲まれており、街の中心は利根川が勢い良く流れております。また、山に囲まれたド田舎と思いきや意外にも見どころある名スポットがたくさんあり、さらに少し足を運べば新潟にも行くことができます。今回は私の旅行記形式で水上の良さや巡り方の一例をご提示したいと思います。

 

東京から水上温泉への行き方
  • 鈍行:東京駅~<JR上野東京ライン>~高崎駅~<JR上越線>~水上駅(約3時間半)¥3024
  • 新幹線:東京駅~<JR上越新幹線>~上毛高原駅⇒路線バスで水上駅orたいていの旅館は送迎バスがあるはず。(約1時間半)¥5490~6010
  • その他 高速バス等
 
まず水上駅に着くと何やら目を引くものが、、

f:id:kurikkus06:20190920211412j:plain

鉄道好き必見!D51745蒸気機関車発見!(といってもあまり分からない)
なぜ機関車が関係あるかというと、高崎~水上間はいまだにSLぐんまが走っているんですね!特定日に1日1本往復で走っており要予約だそうです。

SL関連・リゾートやまどり運転カレンダー|JR東日本高崎支社

 

 

そして、お昼ご飯はみなかみ地域では人気のお店 "カフェ 亜詩麻" に行ってきました。水上駅から徒歩10分です。私はこのお店のメインメニュー、キノコ焼きカレー¥1000を注文いたしました。

f:id:kurikkus06:20190920213729j:plain

じゃーん!チーズ好きにはたまらない!チーズの量は申し分なく、さらに中には卵が入っております。よって、カレーのスパイスと、このチーズと卵で程よく中和されて絶妙な味です。カレー自体は味がしっかりしておりコクがあります。ただ、熱々なので冬の時期はいっそう絶品になることでしょう。店内もロッジのようなおしゃれなカフェであり、また、テラス席のようなものもあったりとデートやファミリーにぴったりですね。

カフェレストラン亜詩麻 (アシマ) - 水上/洋食 [食べログ]

 

 

それから、とりあえずホテルにチェックインしました。

f:id:kurikkus06:20190920223130j:plain

右に見えるのが私の泊まったホテルです。見てわかるようにベランダから川が見える!さらに、このホテルには露天風呂がありまして、川の流れを見つめ、川のせせらぎを聞きながらゆっくり物思いにふけることができます。なんといっても格別だったのは風呂上りにお酒をぐいっと飲んで川の音とともに寝る。控えめに言って誰しも昇天できますよ。。

 

さぁさぁ、こんな豪華な設備が整っていて、さらに朝夕二食付きのプラン。お値段が気になるところですよねぇ。。

なぁんと

平日一人あたり¥8900

 なんか、朝食夕食はお任せ(訳アリ)とかいう格安プランがこの値段だったんですね。まぁとりあえずなんか食えりゃいいかぐらいの気持ちで全然期待はしてなかったのですが、

f:id:kurikkus06:20190920225739j:plain

めちゃめちゃしっかりしたお食事!この他にもデザートの杏仁豆腐やらサラダやらが後から運ばれてきました。さらに、ここにご飯・お味噌汁お代わりし放題!!貰えるものは貰っとけ精神でしっかりとご飯4杯いただきました。左側のお肉の手前にあるお浸しが汁の味がしっかり野菜にしみ込んでいてさっぱりとしており私的に一番おいしかったです。

f:id:kurikkus06:20190920230555j:plain

朝はバイキング形式で多くの料理がありました。ただ、この私のセレクトはなんか隠し切れない子供っぽさがにじみ出ていますね。右上の白い物体は群馬名物のこんにゃくです。まぁ群馬のこんにゃくだからといってこんにゃくはただのこんにゃくでした。

 

このようにとてもおすすめできるホテルでございます。客室も畳の部屋でかなり広くとてもきれいでした。ちょっと課金をすれば貸し切り露天風呂に入れたりなど、こちらもカップル、ファミリーにうってつけの旅館ですね♡

ただ私が泊まった時は比較的ご年配の方が多くとても落ち着いておりました。

水上館 山と渓流に抱かれた15湯の温泉宿 - 宿泊予約は【じゃらんnet】

 

今回はここまで。次はみなかみ周辺の行きたいスポットを紹介しようと思います。