一匹狼大学生クリの日常

俺はこういう人間だ

コメント欄を制するものがアクセス数を制す。YouTuber•ブロガーの新たなスタイル。

今日もこんにちは。

昨日はTOEICでした、、、(出来は察してくれ。。)

テスト終わった後はいつも『あー英語勉強せなあかんわ』って思うんですが、、、(その後どうなるかは察してくれ。。)

 

 

はい、ところで、

みなさんはYouTube見てます?

まぁみなさんがYouTubeを知っているという体でお話します。そして、今回はYouTubeの中でもYouTubeのビジネス戦略に焦点を当ててお話してみようと思います。

 

まず僕は今までYouTubeで売れている人って人柄容姿喋りの上手さ企画力等の何か力が抜きん出ている事

また、何かのジャンルに特化して初めからニッチな層に狙いを定めている人が当然売れるものだと考えていました。

  

しかし、たまたまある衝撃的動画を目にして気づいちゃったことがあるのです。(気づいちゃった気づいちゃったわーいわい♪)

 

YouTubeで活躍するためにカギを握っているのって

 

 

実は

 

 

コメント欄

なんじゃないかと。

 

 

なぜかというと、ここでテレビ放送を引き合いに出しますが、テレビにはないYouTubeの特筆すべき点って視聴者参加型、そしてその参加によってYouTuberと双方向の交流を図れるチャンスがあるということです。

 

そして、それを可能にしているのがコメント欄です。

 

視聴者は動画の感想などをコメント欄にコメントとして残すことができますが、動画の配信者はそれに返信をしてくれたり、いいねの反応を示したり、さらには良いコメントをピックアップして動画をあげてくれたりします

 

こういったことができるようになったというのは、今まで、"有名人=完全なる別世界の人"だったのが"有名人=意外と身近な人"になったといえます。

 

そして、話は少しシリアスになりまして、

人間には潜在的に承認欲求というものが多かれ少なかれあると思います。

さらに、現代はSNSのいいねの数で承認が可視化し、他人と比較できてしまう環境が整っているせいで、ますます人々の承認欲求が増大しているとよく言われております。

しかし、言い方悪いですが、それを上手に利用することがYoutubeの売れる戦略の一種だと僕は思ったのです。

 

簡潔に示すと、"自分がコメントというアクションを起こす認識されてリアクションされる承認欲求が満たされファンに"という好循環が起こるからです。

 

また、このコメント欄は対YouTuberの反応だけでなく、視聴者同士の交流も発生します。特に何かのジャンルに特化した動画であれば、視聴者も同じ趣味関心を持った人である為に、そこでコミュニティのようなものが創出し居心地の良さを覚えたリピーターが定着するようになったりします。

 

そして最終的には動画よりコメントをしに来たぜ!みたいな状態に(笑)

でも、そうなったら配信者の勝利です。

 

 

そして、コメント欄を味方にした究極形態みたいなものが冒頭で僕が衝撃を受けたと申し上げたものです。

その動画がこちらですのでお時間許せばご覧ください。

特にコメント欄(笑)

 

 

はい、男のしょうもない下ネタにお付き合いいただきありがとうございます to女性の閲覧者さん🙇

てか、これ貼ったせいで性的コンテンツとか判定されて広告貼れないとかなったらブチぎれるからな!(笑)

 

 

話は戻りまして、見ていただければお分かりのように、もうこれただのYouTubeの"音楽配信"というコンテンツじゃないんですよ。

PanPianoさんの素晴らしい演奏がBGMの"大喜利コンテンツ"なんですよ(笑)

 

ただPanPianoさんは彼女の他の配信も見てお分かりのようにこれを最大限に利用しているんですよ。(こういう服だけしか所持していないということはないはず笑)

 

これが強いなと思うのは大喜利に参加というコミュニティが確立されているのはもちろん、この大喜利を見て笑いたいという視聴者も巻き込んでるんですよ(僕もその一員)

 

やはり真面目なピアノ演奏となるとニッチな層にしか受けないために天井が見えていると思います。

しかし、この異常な環境は①ピアノ鑑賞者、②大喜利参加者、③大喜利鑑賞者の三つの層から支持されているがゆえに上限が伸びあがりますし、安定性もあります。

このように視聴者を巻き込んで再生数を上げていくというのはYouTubeの新たなスタイルになりうるでしょう。

 

ただ、こういうのはほんと油田を掘り当てるようなもので狙って起こすというのは難しいと思います(笑)

なので、この動画はコメント欄の秘めたる可能性の一例として知っていただければいいかなと思いますし、また、PanPianoさんファンクラブ一員として言わせていただきますが、よろしければチャンネル登録してあげてくださ~い😊

 

 

まぁまとめとしては、発信者は、視聴者や読者が自分たちの時間を割いて閲覧してくださっていることに感謝して、大切に接しようということですね!