一匹狼大学生クリの日常

俺はこういう人間だ

ハッピーハロウィン ゾンビタウン渋谷 その憎悪は何故(笑)

ハッピーハロウィン!

社会批評ブロガーのクリです。

 

今年もハロウィンがやってきましたが、みなさまはどうお過ごしでしょうか?

 

僕はユーチューブで渋谷のライブ映像をおつまみに晩酌しております。

f:id:kurikkus06:20191031223621j:plain

 

そして、なにやら面白いものを発見してしまいまして、

というのは、その中継映像なんですけど、下の方にチャット機能があって誰でもコメントを書き込めるようになっているんですよね。

 

しかし、覗いてみたらなかなかそのコメントが辛辣で(笑)

一部抜粋

「アホな猿達きしょい」「轢かれてまえ」等々

 

あなたたち、パリピに親でもやられたのかって(笑)

 

そこで、今回は渋谷ハロウィンに対する僕の個人的な意見を綴ってみようかなと思いました。🍺

 

 

まず渋谷のライブ映像を見ていて率直に感じた事は、

 

ああいうところに事あるごとに参加する人ってすごいなぁと。

 

というのは、僕も、ハロウィンではないのですが、サッカーワールドカップでパブリックビューイング後に興味半分でゾンビタウンと化した渋谷に行ったことがあるんですね。

 

率直な感想としては、陰キャの僕でも楽しいは楽しいです。

 

スクランブル交差点の信号が青になると向かいから渡ってくる集団と謎のハイタッチをして、赤信号待っている間は日本代表の応援歌をみんなで熱唱するっていう中々カオスな空間が。

正直これを見聞きしただけだと、何がおもろいねんと斜に構えてしまう人もいるでしょう。僕自身も行く前は実際そんな感じでした。

 

しかし、実際その場に行ってみると、こういう現象が起こる理由がなんとなく分かりました。

というのは、やっぱ東京とかって人間関係が希薄というか、人が密集しすぎていて、満員電車や原宿の竹下通りとかが典型的ですが、他者がもはや人ではなく"障害物"みたいな感覚ありませんか?

認識されるされない以前の問題なんですよね。

なんか、そういった反動からか、見知らぬ他者とその場のノリただ一つで、楽しさや喜びを共有し、解放できる事が素直に快感なんです。

なんか子供の頃、体裁なんて気にせずに無邪気に遊んだ感覚に近しいものがあるんです。

 

その他に人が集まる理由を考えるとすれば、やはり承認欲求がおおきな要因かと思いますね。

他人と写真を撮る=他者から認められた。求められた。といったように。

 

まぁハロウィンの場合は、性欲たぎったお猿さん同士の街コンのような側面もありますけども、それ以外の状況は似たようなものだと思いますし、一概に悪いことではないと思いますね。(ハメ外して人に迷惑かける糞は論外ですが)

良くも悪くも、そのままの人間らしさが出ていて面白さを感じます。

 

ただ僕としては一回行ったら十分でした。

なんせ人が多すぎて信号待ちの間、各島で他者との距離がゼロ距離状態。

めちゃくちゃ体力奪われます。あと潔癖。。

 

しかも、あれを体験すると痴漢がおこる理由も分かります。

痴漢を擁護してはいけませんが、ハロウィンとか、女も女で露出激しい服装をわざわざ着てきていて、それで痴漢されたとか叫ばれてもねぇって感じです。痴漢する奴が一番バカですけども。

 

で、今回僕が一番言いたいことは、

ハロウィンでバカ騒ぎしているパリピ消えろとか、日本の恥だとかブーブー言っている人達って損な性格してんなってことです。

確かに、ゴミ問題とか税金が無駄に使われるとか迷惑やデメリットばかりが見受けられますが、あんたらほとんど直接には関係ない人ばかりじゃないのか?と。

渋谷の周辺に住んでいる人とか翌日ゴミ拾いする人が嘆くのはまだ分かりますが。

正直、そのように文句垂れたところで、その時間と頭を悩ますコストが無駄じゃないかと(笑)

当の、渋谷ではしゃいでいるお猿さん達には声は届かないし、感性のままに騒いでいる彼らが一番幸せ者ですね。(笑)

 

また、「日本の恥だ」というコメントもありますが、外国人の人たちも面白がって見に来てくれているし、僕はいいんじゃないかなぁと思いますけどね。

外国人が言う"クレイジー"は、別に下に見ているってわけでなく、「最高に面白れぇ奴だ」みたいな意味だと思うので、確かに馬鹿たちの集まりに過ぎないけど、そういうのを見て勝手に不快感じている人の方が馬鹿だなって感想です。

 

まぁ僕たち陰キャラは、家でおとなしく動画見るなり、本読むなり有用な時間の使い方をしましょう!ってことです。

さいなら。