一匹狼大学生クリの日常

俺はこういう人間だ

星野リゾート ホテル業界の夢の国 お父さん デートを考えている彼氏さん必見

はい、こんにちは。

 

タイトルから分かるように、先日、星野リゾートの"リゾナーレ熱海"に行ってきました。

 

星野リゾートに関しては、ラグジュアリーリゾートホテルの雄としての位置が確立しており、かつ、各地域の特性を活かした独自の戦略で、ホテル業界の中でも突出しているイメージですよね。

また、僕自身、ここの仕事に興味があり、就職候補として視野に入れているといったこともあって、今回星野リゾートを利用してみました。

インターンなんて行ったところで社員も会社のメリットしか見せないだろうし、実際客として偵察することが一番なのかなと思いまして。

 

ということで、本日はその旅行記と、星野リゾートに対して僕が感じたことをお話ししようかなと思います。

※写真は撮ったのですが、堪能しすぎてディナー等撮り忘れたものが多々ありますので期待はしないでください。笑

 

 

星野リゾート "リゾナーレ熱海"

ロビー

f:id:kurikkus06:20191105202158j:image

まず到着した瞬間に内装にとても遊び心が込められているなと感じました。

要するに、とてもカジュアルで、また、壁画等に熱海の特徴である海、魚、花火といったものが散りばめられているんですね。

 

また、ホテル全体を主に占める色が、おそらく海に統一させているのか、青であり、とても清潔感が感じられ爽やかな印象でした。

 

さらに、子供の事を想定して何もかもが作られているなと思いました。

子供が安全に楽しめるように角のないフカフカのソファがあったり、画像奥の方に見えるボルダリングで遊ぶことができたり、そもそも子供向けの椅子や机、本が配置されているといったような造りでした。

 

そして、ルームキーをもらい部屋に到着♪♪

 

部屋

f:id:kurikkus06:20191106142516j:plain

部屋の扉を開けた瞬間です。

 

f:id:kurikkus06:20191106142902j:plain

でーん

f:id:kurikkus06:20191106143008j:plain

日本人大好き畳。

 

そして、これらは序の口。星野リゾートの本気は次の写真で分かります。

 

f:id:kurikkus06:20191106143230j:plain

でん!!

合成でもCGでもございません。

ベランダから熱海の街並み、海を一望できるのです。(ワイ高みの見物)

 

また、恋の伝道師クリからの提案なんですが、結婚を考えている彼氏さんはここで愛の告白をしちゃってはどうでしょうか。

 

彼女との温泉旅行。

ここで二人、海(夕焼けがベスト)をみながら、

 

 

「なぁ......これから先の未来、、、俺の船に乗って共に航海してくれないか?」

 

 

はい、チェックメイトです。

遠慮なくこのセリフ使っちゃってください。

 

f:id:kurikkus06:20191106145651j:plain

館内に大浴場はあるのですが、部屋にもこのように絶景を見ながら入浴できるバスルームがございます。

 

森の空中基地くすくす

これはリゾナーレ熱海の特色の一つなのですが、このホテルはちょっとした木々の生えた森と通じておりまして、そこには木の上にロッジが設置されており、そこでゆっくりとくつろげるようになっているのです。

f:id:kurikkus06:20191106150742j:plain

夜に覗いただけなので、見えずらいかもしれませんが、階段を上って家に入るようです。※要予約

 

そして、このロッジの他にも、様々なアクテビティがこの周辺で行うことができます。

森の空中散歩といって、木々にアスレチックを設置して、渡っていけるようにしたもの。(フォレストアドベンチャーをご存じであれば、それと同義だと思っていただければ)

また、陶芸教室やフルーツBBQといったもの等、これも主に小さい子供が積極的に楽しめる企画ですね。

ただ、他のお客さんがいて写真は撮れなかったので、リンクを貼っておきますね。

ちっちゃい子はすごくはしゃいでいて、見ていてほっこりしましたよ(笑)

森の空中基地 くすくす | 【公式】星野リゾート リゾナーレ熱海 - 熱海の絶景と温泉に浸るリゾートホテル

 

ソラノビーチ Books&Cafe

ここまで紹介してきましたが、「所詮子供だけが楽しめる施設なのかよ」と思われた方もいるかもしれません。

ご安心ください。星野リゾートを舐めないでください。

f:id:kurikkus06:20191106153255j:plain

一番上の階に行けば、シャレオツなカフェもございます。

f:id:kurikkus06:20191106153437j:plain

ここで寝転がったりもできる。

ハンモックで睡眠だって可能。

f:id:kurikkus06:20191106153856p:plain

家族が映っているので軽いモザイクをかけておりますが、僕はこのようにワイン飲んで、ずっと本読んでいました。

ていうか、昼から夜までずっとここにいたので、全然大した写真が撮れなかったんです。すみません(笑)

本も色んな種類の本(例えば話題のFactfulness等)があるので、正直一日いれると思います。子供はやはり先ほど紹介した"くすくす"やプールに行きがちなので静かです。

そして、最初は砂が気持ち悪そうと思っていましたが、足をつけてみるとひんやりしていて次第に快感になってきますしね。

 

総括(就活的目線も含めて)

はい、やはり何度も申し上げるようにお子様をターゲットにしているなぁという印象が多々見受けられましたが、溜まった疲れを癒したいという大人にもオススメできるホテルだなぁと思いました。

 

そして、就活的視点になりますが、

まず、接客に関しては利用する層が小さい子連れの家族が多いために、他のホテルの接客と雰囲気が異なりました。

他のホテルは淡々と業務をこなしたり、客に対する案内や説明は粛々と行うというイメージがありますが、

星野リゾートはディズニーランドのキャストに近いものがありました。

すれ違いざまには、挨拶をかかさないし、先ほど上げた家族集合写真もホテルの方からの好意で撮っていただいたものでした。

また、客に対して話しかける態度も、笑顔で、印象良く接しようとする気持ちがとても伝わってきました。(僕はわざとらしい接客あまり好きじゃないんですけどもね笑)

 

そして、ホテルをただの宿泊施設として捉えるのではなく、ホテルだけで一日楽しむことができるという狙い?はすごい独自の路線を確立していて素晴らしいなと思いました。

就活生の全員が思う事でしょうが、ここのホテルの企画はとてもやってみたいです。

近年、インバウンドの増加傾向とはいえ、ホテルが開発されすぎであり、業界の先行き怪しいみたいな話もされますが、星野リゾートに関しては、他のただの宿泊施設とは異なっているので需要が大きく落ちることはないんじゃないかなと思います。

海外に対しての展開もしているようですし、上手くいけば、日本が不況になろうが海外の富裕層は安定して確保できるんじゃないんでしょうか。

まぁそれによって、マナーの問題で治安がわるくなったりとかはありそうですけど(笑)

 

てことで、今回の旅行記は以上です。

 

risonare.com